八重洲店

東京で京料理【日本料理(和食)・しゃぶしゃぶ 瓢喜 (ヒョウキ)】の個室接待へ 東京で京料理【日本料理(和食)・しゃぶしゃぶ 瓢喜 (ヒョウキ)】の個室接待へ

JAPANESE 日本語 line ENGLISH ENGLISH line ENGLISH 繁體中文 line 簡體中文 簡體中文
ご予約はこちら
オンライン予約

八重洲店

東京で京料理【日本料理(和食)・しゃぶしゃぶ 瓢喜 (ヒョウキ)】の個室接待へ 東京で京料理【日本料理(和食)・しゃぶしゃぶ 瓢喜 (ヒョウキ)】の個室接待へ

とても美味しいアコウについて

澄み切った青空が秋を感じさせてくれる季節になりました。心地よい天気が続いておりますね。さて本日は、アコウについてお話しさせていただきたいと思います。

アコウとはキジハタとも呼ばれ、高級食材として扱われている魚です。ハタ類に属しており最大で60センチ、平均で30センチほどのものが多いようです。

それではアコウについて詳しくみていきましょう。

 

アコウとは

アコウ

アコウは別名キジハタと呼ばれており、生息場所は日本から中国にかけての比較的暖かい海域に生息しているようです。青森県より南側の沿岸部、朝鮮半島南部沿岸、中国、台湾の沿岸部での水揚げが多いようです。岩場や砂場を好んでいるようで、人口の護岸などにも住み着いているようです。単独で生活しており、群は作りません。夜行性ですから、昼は岩陰に隠れており、夜になると餌を求めて泳ぎ回るそうですね。小魚や小さな甲殻類を捕食しています。

大きさは30センチほどのものが一般的で、高級食材として料亭などでは扱われています。ハタの仲間にしては比較的小さめの種類と言われています。

アコウは性転換をする魚としても知られています。約40センチほどになるとメスからオスに性転換をします。

体の色はオレンジ色をしており、赤色の斑点が身体中に存在しています。背中にひとつだけ大きな黒い斑点があるのが特徴的です。ノミノクチという魚によく似ていますが斑点の暗い方がノミノクチ、明るい方がアコウとして区別されています。一部の地域では目がキジ色をしていることからキジハタと呼ばれているそうです。

 

食材としての特徴

アコウ

先ほども述べましたがアコウは非常に高級な食材として扱われています。旬は初夏と言われており、煮付けや刺身として調理されることが多いです。ほのかにピンク色をした身はさっぱりと食べるには刺身がおススメです。熱を通すことにより旨味と程よい弾力が生まれます。細かい鱗を綺麗に落とすことが煮付けを作る際にはおいしく食べるコツと言われています。

大きなものになればらるほど骨が硬くなりますので、食べる際には注意が必要です。香港では紅斑と呼ばれており、ハタ類の中ではサラサハタと並び珍しいと言われています。

それではここで、アコウのアラ汁の作り方をご紹介していきたいと思います。

まず、アコウのアラを熱湯にくぐらせることでぬめりと鱗を取り除きます。熱湯にくぐらせることにより滑り成分が皮から分離します。手でこすると取れますからこすり落としてください。

舐めにアラを入れ水を加えたら中火で火にかけます。沸騰しないことと、アラが水で隠れていることに注意しましょう。熱が通ったら味噌をといて完成です。ぬめりと鱗をきちんと丁寧に取ることで仕上がりが良くなるので下処理に手間をかけましょう。アコウのだし汁は繊細で上質な味わいがあります。かつおダシなどを使ってしまうと風味が消えてしまいもったいないことになってしまいます。ですから、味噌はダシが入っていないものを選ぶと良いでしょう。

 

続いては煮付けのご紹介です。アラ汁同様、鱗とぬめりを丁寧に除去します。内臓も取り除き湯引きをします。鍋に昆布と煮汁を入れ火にかけます。身にxの切り込みを入れることで中まで火が通りやすくなります。

弱火で15分ほど煮込めば完成です。お好みで七味を散らしても良いかもしれませんね。

その丘にも刺身や鍋などにして食べるととても美味しく召し上がることができます。近年ではスーパーなどでも売っていることがあるので身近な食材になってきたのではないでしょうか。

 

当店では、すき焼き、しゃぶしゃぶをはじめ、様々な旬の食材を使った料理をご用意しております。ぜひ一度、当店自慢の料理をお召し上がりになってみてはいかがでしょうか。

一覧へ戻る

店舗情報

  • 住所

    〒103-0027
    東京都中央区日本橋3-13-11
    油脂工業会館1F

    Google Mapで見る
  • 営業時間

    • 昼 11:30-15:00(L.O13:30)
      夜 17:30-22:30(L.O21:30)

  • アクセス

    東京メトロ【日本橋駅】D1番出口 徒歩4分
    都営浅草線【日本橋駅】D1番出口 徒歩4分
    JR【東京駅】八重洲中央口 徒歩9分



    接触機会を軽減する「キャッシュレス」決済を導入しております。
    現金でのお支払いはお受けいたしかねます。何卒ご了承くださいませ。

  • 問い合わせ・予約

    ※当日キャンセルの場合、キャンセル料が発生します。
    ※お子さまのご入店はご相談くださいませ。

  • 定休日

    土曜昼、日曜祝日の終日は、2名様から事前のご予約にて承ります。
    ※一部メニューに限らせていただきます。お問合せくださいませ。

    ※平日昼以外は、サービス料10%を別途頂戴いたします。

  • 利用可能カード

    利用可能カード 利用可能カード
  • 利用可能電子マネー

    QUICKPay 交通IC ID Edy WAON

    利用可能電子マネー・スマートフォン決済
  • 住所

    〒103-0027
    東京都中央区日本橋3-13-11
    油脂工業会館1F

    Google Mapで見る
  • 問い合わせ・予約

    ※当日キャンセルの場合、キャンセル料が発生します。
    ※お子さまのご入店はご相談くださいませ。

  • 営業時間

    • 昼 11:30-15:00(L.O13:30)
      夜 17:30-22:30(L.O21:30)

  • 定休日

    土曜昼、日曜祝日の終日は、2名様から事前のご予約にて承ります。
    ※一部メニューに限らせていただきます。お問合せくださいませ。

    ※平日昼以外は、サービス料10%を別途頂戴いたします。

  • アクセス

    東京メトロ【日本橋駅】D1番出口 徒歩4分
    都営浅草線【日本橋駅】D1番出口 徒歩4分
    JR【東京駅】八重洲中央口 徒歩9分



    接触機会を軽減する「キャッシュレス」決済を導入しております。
    現金でのお支払いはお受けいたしかねます。何卒ご了承くださいませ。

  • 利用可能カード

    利用可能カード 利用可能カード
  • 利用可能電子マネー

    QUICKPay 交通IC ID Edy WAON

    利用可能電子マネー・スマートフォン決済

店舗一覧