銀座三丁目店

東京で京料理【日本料理(和食)・しゃぶしゃぶ 瓢喜 (ヒョウキ)】の個室接待へ 東京で京料理【日本料理(和食)・しゃぶしゃぶ 瓢喜 (ヒョウキ)】の個室接待へ

JAPANESE 日本語 line ENGLISH ENGLISH line ENGLISH 繁體中文 line 簡體中文 簡體中文
ご予約はこちら
オンライン予約

銀座三丁目店

東京で京料理【日本料理(和食)・しゃぶしゃぶ 瓢喜 (ヒョウキ)】の個室接待へ 東京で京料理【日本料理(和食)・しゃぶしゃぶ 瓢喜 (ヒョウキ)】の個室接待へ

岩ガキと真ガキの違い

岩牡蠣(イワガキ)と真牡蠣(マガキ)の違いをご存知ですか?日本で多く出回るカキは主にこの二種類で、味や旬の時期など大きな違いがあります。あの独特な風味やクリーミーな味わい、カキ好きな方にとっては堪らないですよね。本日はそんな二種類のカキについて、特に岩ガキに重点をおいてお話しさせていただきたいと思います。

岩ガキとは

岩ガキ

岩ガキと真ガキを比較しながらお話しさせていただきます。

 

・岩ガキ

岩ガキの旬は夏で、水揚げされる時期は6月~9月の約3ヶ月間です。これはカキの特徴ですが、産卵後に体内の栄養素が落ちてしまうため含まれるグリコーゲン(旨味)も同時に落ちてしまいます。しかし、岩ガキは数ヶ月と時間をかけてゆっくり産卵するため、水温が高い夏の間も味が落ちることなく出荷することができます。

 

また、岩ガキは海底深くの過酷な環境に耐えられるよう殻が分厚く、時間をかけて成長することもあり身と殻がとても大きく育ちます。そのため、真ガキに比べて大きく厚みもありボリューム満点です。繊細でジューシーな味わいが特徴です。

 

岩ガキには天然と養殖のどちらも存在しますが、そのほとんどが天然ものです。海女さんや漁師さんが海に潜って獲らなければいけないため、冬は漁ができず大量生産ができない分、真ガキの3倍以上に値が張ることもあります。

 

・真ガキ

真ガキの旬は冬で、水揚げされる時期は10月~4月の約半年間です。真ガキは数ヶ月の間に一気に大量産卵するため産卵が終わり、次の産卵に向けて栄養を蓄えきった冬場の2月~3月が美味しく食べられる時期となります。大きさは岩ガキと比べると小ぶりですが、旨味が凝縮されクリーミーな味わいです。また真ガキは養殖ものがほとんどで1年~3年かけて育ちます。

 

岩ガキの名産地として知られるのは、主に石川県の能登、秋田県の象潟(きさかた)です。最近では佐賀県の有明や長崎県の五島列島などもおいしい岩ガキの産地として挙げられています。

 

・選び方

殻つきのカキは、殻から体液がもれてこないもの。殻がだらしなく口を開けていないもの。生きていると呼吸のために殻を開けることがありますが、触ると驚いて閉じるのが生きている証拠です。殻が開いた状態で並んでいるカキは、身がプリッとしていて、乳白色でツヤがあるもの、鮮度が落ちてくると黄みがかってきます。

 

・開け方

殻を開けるには、時計の1時~3時の方向に貝棒を差し入れます。貝柱を切ると殻が簡単に開きます。このとき貝柱の位置に注意しましょう。もう一方の殻からも貝柱を外し、水洗いして殻の欠片や塩分を取り除きます。

 

・食べ方

生食、蒸す、カキフライ、炊き込みご飯などが代表的な食べ方です。

 

生食や蒸しカキをいただく際は、レモンはもちろん柚子こしょうをのせるのもおすすめです。また、無塩のエシレバターとブラックペッパー、さらにトリュフオイルを数滴垂らしてバーナーで軽く炙るという食べ方もとても美味です。キャンプ用品などのバーナーがお手元にある方はぜひ一度試す価値ありです。

 

含まれる栄養素

 

カキには様々な栄養素がぎゅっと詰まっていますが、なかでも夏にうれしいのが、グリコーゲンやタウリンです。特に岩ガキはタウリンが豊富で、真ガキの2〜3倍も含まれますし、グリコーゲンは直ぐにエネルギー化できるのが特徴なので、この2つの栄養素は滋養強壮や夏バテ防止に役立ちます。

 

また、タンパク質や脂質こそ少ないものの、鉄分、カリウムなどの無機質、各種ビタミン類がとても豊富に含まれています。

 

岩ガキ

 

食中毒について

 

カキといえば食中毒を心配いされる方も多いかと思います。安心していただけるようにその予防法をご紹介します。

 

カキであたる原因は大きく分けますと、

 

・腸炎ビブリオ

・ノロウィルス

・貝毒

 

というものが挙げられます。そして食中毒にも旬というものがあるのです。

 

・腸炎ビブリオ→夏場

・ノロウィルス→冬場

・貝毒→3~5月、10~11月

 

夏に食べる岩ガキで気をつけたいのは、腸炎ビブリオです。

 

腸炎ビブリオは、真水に弱く4℃以下の低温では増殖できないのが特徴なので、夏場の岩ガキを食べる際は、中心部を85℃以上で1分間以上加熱することが望ましいです。

 

生で食べるならば、真水でしっかり洗うことと4℃以下でしっかり保存することが予防法となります。

 

貝毒に関しても旬の時期があります。

 

貝毒は、3~5月、10~11月が危険といわれています。さらに厄介なのが、加熱しても毒素が消えないということ。基本的には、 定期的に貝毒の調査がしっかりと行われたうえで出荷されていますが、この時期は食べるのを避けるのも一つの手段です。

 

岩ガキ

 

カキ好きとしては岩ガキの魅力は書ききれないほどありますが、これだけでも十分に伝わったのではないでしょうか?天然もののボリューム満点の岩ガキを、旬である夏に、晴天の下で頬張るなんて最高の贅沢ですよね。

 

当店では、すき焼き、しゃぶしゃぶをはじめ、様々な旬の食材を使った料理をご用意しております。是非一度当店自慢の料理をお召しあがりになってみてはいかがでしょうか。

 

皆様のご来店心よりお待ちしております。

一覧へ戻る

店舗情報

  • 住所

    〒104-0061
    東京都中央区銀座3-9-6
    アルファマトリックスビルB1

    Google Mapで見る
  • 営業時間

  • アクセス

店舗一覧