銀座三丁目店

東京で京料理【日本料理(和食)・しゃぶしゃぶ 瓢喜 (ヒョウキ)】の個室接待へ 東京で京料理【日本料理(和食)・しゃぶしゃぶ 瓢喜 (ヒョウキ)】の個室接待へ

JAPANESE 日本語 line ENGLISH ENGLISH line ENGLISH 繁體中文 line 簡體中文 簡體中文
ご予約はこちら
オンライン予約

銀座三丁目店

東京で京料理【日本料理(和食)・しゃぶしゃぶ 瓢喜 (ヒョウキ)】の個室接待へ 東京で京料理【日本料理(和食)・しゃぶしゃぶ 瓢喜 (ヒョウキ)】の個室接待へ

イカナゴはご存じでしょうか?

イカナゴと言う魚を、みなさまご存知でしょうか?春の訪れを感じさせてくれるイカナゴは、特に関西で親しまれているようですね。イカナゴの釘煮などは、ご飯との相性も抜群です。

さて、本日はイカナゴについてお話しさせていただきたいと思います。

イカナゴとは

イカナゴ
イカナゴは、スズキ目イカナゴ科の魚で、漢字では「玉筋魚」と書きます。
地域によって呼び方が異なり、メバルやさわら、桜鯛と同様に、春を告げる魚としても知られています。イカナゴの体長は20センチ程度で、季節によって生息する場所が変わります。水温が15度を超えると砂に潜って「夏眠」し、12~1月になると浅瀬の底砂に産卵するのです。

イカナゴは、2月後半に解禁される時期から4月末頃までが漁期で、2~6cmの頃が食べ頃だとされています。

1月になると、親の釜揚げである「カマスゴ」が伊勢湾や大阪湾などで流通するのですが、親のカマスゴの場合は鮮魚での入荷はほとんどありません。そして、2月後半~3月初めの時期になると、同じく伊勢湾や大阪湾、瀬戸内での新子漁が解禁となり、加工品の釜揚げやカナギチリメン、佃煮の「くぎ煮」が多く出回るのです。

イカナゴ漁

ここで、イカナゴ漁について少しご紹介していきたいと思います。
イカナゴ漁は、2隻の漁船で魚群を囲むように、海中の表層や中層を引き網する「パッチ網漁」で行われるのが特徴です。2隻それぞれの漁船が八の字の方向に展開しながら投網し、それが終わると平行に引網していく漁法なのです。
それにしても、「パッチ網漁」とはちょっと変わった名前かもしれませんが、網具の構造がズボンの下にはく「パッチ」に似ていることから、このように呼ばれているのだそうです。

イカナゴを使った料理

イカナゴ
次は、イカナゴを使った料理をご紹介していきたいと思います。

イカナゴ1年物の子供は「新子」と呼ばれ、それを釜ゆでしたものを「新子(しんこ)」、または「釜揚げ」といいます。

また、「イカナゴの釘煮」も有名です。
3~4cmぐらいの新子を、釜ゆでせずに佃煮に仕上げたものが「いかなごの釘煮」です。これは、神戸から明石方面の名産にもなっているのです。
「釘煮」という名前の由来は、神戸市垂水漁協の組合長さんが、「さびて折れ曲がった釘のようだ」と言ったことがきっかけで、「くぎ煮」と呼ばれるようになったのだそうです。

現在では、それぞれの家庭ごとの「釘煮」を炊くようになり、関西に春をつげる風物詩の一つとされています。

また、「イカナゴのかき揚げ」もおすすめです。
簡単に、かき揚げの作り方もご紹介したいと思います。
まず、新鮮なイカナゴを傷つけないように注意しながら水でかるく洗います。
天ぷら粉または小麦粉を冷たい水で軽く溶いておきましょう。
そこへイカナゴを入れてかるく混ぜて、お玉などを使っててんぷら鍋でカラっと揚げて行きましょう。
この時、油が飛び跳ねますので火傷に気を付けて下さい。
こんがりときつね色に揚がったら、出来上がりです。
シンプルに塩をまぶして食べるのがおすすめですが、レモンを搾ってもさっぱりしていいですね。

このように、イカナゴは釘煮をはじめとして釜揚げやかき揚げで召し上がっていただきたい旬の食材です。
小さくて味にクセもない為とても食べやすい魚ですので、ぜひみなさまも機会がありましたら堪能してみてください。

当店ではすき焼き、しゃぶしゃぶをはじめ様々な旬の食材を使った料理を多数ご用意しております。是非一度当店においでになり、当店自慢の料理とおもてなしをご堪能していただきたいと思っております。

皆様のご来店心よりお待ちしております。

一覧へ戻る

店舗情報

  • 住所

    〒104-0061
    東京都中央区銀座3-9-6
    アルファマトリックスビルB1

    Google Mapで見る
  • 営業時間

  • アクセス

店舗一覧